楽天住宅ローン減税

楽天銀行フラット35住宅ローンの特徴は?

楽天

WEB上で申込みから契約までができる

楽天銀行ではローンの申込みをウェブ上で行える手軽なシステムが売りです。

 

通常ならば、住宅ローンを契約するために銀行まで来店しなればなりませんが、そういった面倒な手続きも要らず、お客様マイページや電話や郵送などで契約まで完了することができます。

 

 

フラット35と変動金利を組み合わせた「固定と変動」

このプランの特徴は、長期固定金利型ローンのフラット35と、金利借入部分を30%・50%・70%の中から選べる変動金利型ローンを組み合わせたプランを提供しています。

 

自在の2つの種類の金利タイプを組み合わせられるので、その時にあった有利なローンを組むことが出来るプランです。

 

また、つなぎ融資ができるのも楽天銀行住宅ローンの特徴です。つなぎ融資とは、物件を購入する段階に別途生じる費用のことで、土地先行取得費用や着工金、中間金のことを指します。これらの融資を最大3回までの分割払いで利用することができます。

 

 

金利が安い!

業界最低基準の金利が提示されており、総支払額が安いのが楽天銀行住宅ローン最大のメリットです。住宅ローンの金利は1%違うだけでも支払い総額殻見ればかなりの違いがあります。すこしでも安い金利が提示されている銀行を選ぶことは大事です。

 

 

☆ 楽天銀行住宅ローンの金利プラン
平成12年度2月度の楽天銀行住宅ローン金利は、フラット35の最長35年払いで年利2.18%。変動金利分はキャンペーン中につき年利0.741%です。(※市場金利は変動した場合、これらの数字も変動する場合があります。)

 

☆ 「固定と変動」プランのご利用条件について
フラット35と組み合わせて、変動金利分を30%・50%・70%の中から選べる「固定と変動」ローンプラン。
このプランを利用するための条件は、以下の項目を参考にしてください。

 

◎楽天銀行「固定と変動」の利用条件

  • 申込時年齢70歳未満で、ローンの完済終了時の年齢が満80歳未満の方の場合
  • 日本国籍を有するかた、または永住許可等を受けている外国人の方も申込みが可能。
  • 年収に対する年間返済割合が次のような場合に適用される
  • 年収400万円未満の場合30%以下
  • 年収400万円以上の場合35%以下

 

 

■コメント評価■

 

融資事務手数料が通常と比べて安い!

スマイルプログラム楽天銀行コースの場合、フラット35+変動金利分借入総額×1.05%の手数料費用がかかります。ただ、この業界の中でもこの手数料費用ならば最安値といってもいいかもしれません。用意された金利プランも変動金利部分のパーセンテージを選択できるので、組み合わせによってはかなりお得な金利でローンをくむことができます。


矢印
申し込み

 


住宅ローン減税手続きTOP 銀行別の口コミ! 新生銀行の評判は? 控除を多くするコツは? 当サイトイチオシ!